スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

【2016/3/27 第6回ボードゲーム研究レポート】

こんにちは マサ兄です。
3月27日は活動日でした。

秋葉原のボードゲームショップで買い足してきたゲームを結構プレイできたのではないでしょうか?
参加者 SMMRさん、KSHRさん、SGOさん、TKKSさん、マサ兄

○プレイゲーム
ニムト
ワードバスケット
キングオブニューヨーク
ラブレター
アルケミストのアトリエ
ザ・ゲーム


ニムト

ドキドキ感がしびれるゲームです。【遊びかた】(1)手札から全員いっせいにカードを出し、そろったら表にします。(2)出したカードの小さい順に、テーブルに並べられた4列に規則に従って並べます。 この時に出したカードが、いずれかの列の6番目になったら その前の5枚を引き取らなければなりません。 これは手札に入れず、失点になります。(3)どうしたら、6番目にならないカードを選べるか。 実は全員が自分が出したカードが6番目になるのではないかと恐れているのです。(amazonより)

今回は5人でプレイ。
ニムトは6枚目のカードを出すとその列のカードをすべて取らなくてはならない→失点
のルール。人数が多ければそれだけ予想外のことが起こります。

前回の秋葉原ゲーム買い出しツアーでKSHRさんが自分用に買ったゲームを持ってきてもらいました。
しかし、結果は持ち主の惨敗となる結果に。。。KSHRさん。ご愁傷様ですw


ワードバスケット

日本語ワードゲームの傑作!【特長】「しりとり」がカードゲームになりました。しりとりといっても子供ゲームではありません。箱の中にあるカードの文字ではじまり、自分の持っているカードの文字で終わる3文字以上の言葉を考え、思いついたらその言葉を言いながら該当するカードを箱の中に投げ入れます。その瞬間からすべてのプレーヤーは新しい箱の中の文字ではじまり自分の持っているカードで終わる言葉を考えるのです。このゲームには順番はありません。思いついたらどんどん言葉を言ってカードを箱に投げ入れます。最初に手札をすべてなくしたプレーヤーの勝ちです。ボキャブラリーを試されるゲームです。 子供には、使える言葉を2文字以上にすれば子供と一緒に遊ぶこともできます。 (amazonより)

アクティブなしりとりゲーム。
そしてボキャブラリーを試されるゲーム。その通りですね~
たった3文字の言葉がこうも出てこないものかと知恵熱がでそう。。。
文学青年・少女、読書が趣味と言っているアノ人とプレイすれば意外な言葉が聞けるかも?
子供にもおすすめです。というか子供の方が強いのかも?こういうゲームは。


キングオブニューヨーク

東京を舞台に怪獣たちが死闘を繰り広げる大ヒット作「キング・オブ・トーキョー」の続編が登場。ゲームデザイナーはおなじみリチャード・ガーフィールド博士だ。
今回はニューヨークを舞台に、ライバルのモンスターだけではなく強力な火力を誇る人類の軍隊とも戦い王者を目指すことになる。プレイヤーはニューヨークの王者を目指す巨大モンスターとなり、ほかの怪獣と戦いながら目の前の建物をすべてぶち壊そう。邪魔な敵を攻撃し、高層ビルをへし折り、新たな能力を手に入れ、スーパースターとなり、人類の軍隊とも戦おう。
自分の手番になったらダイスを6個ふり、ダイスの目によって敵モンスターの攻撃、回復、カード購入のためのエネルギー獲得、建物や軍隊の破壊、スーパースターカードの獲得や軍隊から攻撃を受けたりする。勝利のためにより多くの物を破壊しライバルたちを蹴散らしていこう。そして、誰よりも早く20勝利点を獲得するか、最後まで生き残っていたモンスターが自分だけになった場合キング・オブ・ニューヨークとして降臨することが可能になるのだ! (amazonより)

巨大モンスターになって、ニューヨークの王者になろう!
モンスターになるのっていいですねw
勝利条件は2つ。ほかのモンスターをすべて倒すか、ヒーローとして20点を稼ぐか。
今回はSGO氏が見事20点を獲得し、スーパーヒーローになって勝利しました。
マサ兄とSMMR氏はほかのモンスターにぶちのめされて退場と。
ライフがほかのプレイヤーに攻撃されてなくなると即退場というルールがなんだかアメリカっぽくて
これはこれで面白いですね。
また使っていないカードや戦術もありそうなので次回以降も続けてプレイしたいゲームでした。


ラブレター

エッセンシュピール2013で話題の中心となった、日本人ゲームデザイナーであるカナイセイジの作品『ラブレター』がアークライトゲームズから登場! 2012年日本ボードゲーム大賞で大賞受賞、2013年ゴールデンギーク賞で4部門同時受賞という快挙を達成した世界的な傑作だ。シンプルなルールと奥深いゲーム性により、短時間で気軽に遊べる推理ゲームに仕上がっている。このアークライトゲームズ版では「王」「王子」「姫 (ショート) 」「姫 (メガネ) 」「伯爵夫人」「女公爵」といった追加カードが収録され、これらをゲームカードと入れ替えて遊ぶことで、ゲームのバリエーションを広げることが可能。また、カードルールを覚えてしまった方や、雰囲気をより重視する方のために、テキストを含まずイラストの大きい「テキストレスカード」が全てのカードに対して収録されており、より深くゲームの世界観を堪能できるようになっている。(amazonより)

ラブレターという名前ですが、ロマンス的な要素はほぼなく、手札推理ゲームですねw
このゲームは一瞬で終わるという前評判でしたが、実際に一瞬で終わることもなんどもありました。
最初は「兵士」カードで「兵士」を指名してはいけないというルールを見落としていたからなんですがw
それでも最悪自分のターンが回ってくる前に終わるということもあるくらいシンプルで決着が早いゲームです。
一ゲーム5分もあれば長いほう?
「姫」カードで最後に勝てれば2点。その他のカードでは1点。3点マッチですので「姫」で勝てればかなり有利になりますね。
あまり露骨にカードをプレイするとやられてしまいますが。

アルケミストのアトリエ
インディーズのボードゲーム
絵はいわゆる「アトリエ」シリーズでした。
おなじみの材料収集、依頼請負、錬金を経て評価点を稼げ!といったゲームでした。
結構ルールが複雑かなと思いましたが、10分もやればおおよそ理解はできましたかね?
ただ、一日の終わりにカードを並べなおすのは結構しんどかったなぁ。
いくつかのシナリオが用意されているようで、まだまだ工夫して遊べるかな?


ザ・ゲーム

5人でのプレイ。
最終的には残り3枚まで到達。3枚はベスト記録ですね。完全勝利(0枚)もそろそろ達成できる?
今回は割と早く中盤カード(50台)まで到達し、そこから10戻しボーナスがうまくはまった感じでしたね。
次は上級者モードで試してもよいかもしれません。

というわけで、今回もかなりの種類のゲームを楽しくプレイできたと思います。
次回の開催日は5月1日(日) 場所は神奈川県厚木市愛甲公民館 13:00~19:00となります。
よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

tag : ボードゲーム 活動日 ニムト ワードバスケット キングオブニューヨーク ラブレター アルケミストのアトリエ ザ・ゲーム

line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

マサ兄

Author:マサ兄
ドイツの盤上遊戯(ボードゲーム)を楽しむ主に社会人から構成される会。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。