スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

貧乏で強欲な探検家は共通空気をつかって海底に潜る。海底探検

海底探検

海底探検のコンポーネント(部品)たち。
潜水艦の形をした「潜水艦」。
潜水艦の上に乗っている「人の形をした探検家」。
潜水艦の残り空気を示す「赤い〇の空気マーカー」
潜水艦から蛇のように伸びている「海底遺跡」
丸に×が書かれた「ブランクチップ」
「1~3」の目しかないサイコロ二つ。

サイコロ

「海底遺跡」は三角形から始まり、先に進むほど「角」が増えていきます。
三角形→四角形→五角形→六角形(それぞれ8枚あります)
裏に得点が書かれています。三角形が「0~3」次が「4~7」その次が「8~11」最後が「12~15」
それぞれ2枚ずつです。

(最初のターン)二つのサイコロを振って目の合計だけ海底に潜っていきます。
一つの海底遺跡につき目を一つ使います。途中でとまることはできません
なお、出目は2~6までしかでません。(1~3の目しかないサイコロを二つ振るため)
止まったらアクションを選択します。

その1:何もしない。(なんでなにもしない選択があるのか?)この謎は後に解けます。
その2:海底遺跡チップをGETする。(宝物をGETしたことになります)このとき、裏の得点は「誰もみません
GETしたら代わりにブランクチップを置きます。

どちらかのアクションをとったら次の人のターンになります。
サイコロを振って海底に潜ります。このときすでに人がいるマスは飛ばして(目にカウントしないで)進みます。
前の人と同様にアクション1か2を行います。

一通り最初のターンが終わったら2回目のターンが始まります。
2回目のターンでは最初のターンと違う処理が入ります。

処理1:このまま潜っていくか、潜水艦に戻るかをサイコロを振る前に宣言します。
戻るの宣言は一度のみです。その後は戻り続けるのみです。

処理2:持っている財宝の数だけ空気を減らします。

サイコロを振って進み(戻り)ます。このときサイコロの目から「もっている財宝の数を引きます」 たくさん財宝をもっているとだんだん進めなくなっていきます。
海底遺跡に止まった場合アクション1か2を選択します。
もしブランクチップに止まった場合は手持ちの財宝と交換することもできます。
(すでに潜水艦に戻った人のターン開始時には空気を減らす処理をスキップします)

以上が終わったら次の人のターンになります。

ゲームの終了
空気がなくなったら終了です。(もしくは、全員が潜水艦に戻った場合も)
潜水艦に無事戻れたプレイヤーは財宝を裏返してポイントを記録します。
戻れなかったプレイヤーは海の藻屑となりました。すべての財宝を潜水艦から一番遠い場所に3枚重ねるように置きます。
もちろんポイントはゼロです。

【次のゲームの準備】

海の藻屑になっても2回まで復活できる奇特な探検家たち。
このゲームを全部で3回おこない、合計の財宝ポイントで勝敗を決めます

ブランクチップを取り除き間を詰めます
これで深海に眠る財宝ザックザクポイントまでの距離が近くなったことになりました。
さあ、張り切って2回戦を開始してください。

☆☆☆ポイント☆☆☆進むべきか退くべきかそれが問題だ。
タイミングを適切に見極めなければ海の藻屑になり続けるだけだろう。
しかしながら、あまりに恐れすぎても浅い遺跡には大した財宝は埋まっていない
くから生還したプレイヤーに一発逆転を許してしまうだろう。

このゲームは空気を共有しているのであともう少しで潜水艦に戻れそうなプレイヤーがいる場合
自分が財宝をたくさんとれば「空気を減らして相手の邪魔ができるという戦法」もありうる。
「君も藻屑になろうじゃないか!」
さて、あなたは一攫千金のプレイヤーになれるだろうか?
それとも皆で藻屑になりはてるのか?
幸運を祈ろう。




関連記事
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

マサ兄

Author:マサ兄
ドイツの盤上遊戯(ボードゲーム)を楽しむ主に社会人から構成される会。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。