スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

【ボードゲーム】 ノイシュバンシュタイン城 部屋カード 戦術 必勝法 レビュー



ボードゲーム 【ノイシュバンシュタイン城】

城の設計建築者のあなたがたは、

城の部屋を買って、部屋をつなげて、高得点を目指すゲームです。
高得点を得るためには、いろいろ方法があります。

①王様の歓心を満たすお城を作る。
②ボーナスカードの条件を満たす。
③部屋の建設ボーナスと、配置ボーナスを得る。

①と②は比較的わかりやすところですので、③の建設ボーナスと配置ボーナスについてレビューします。
城の設計者たるもの、どのような部屋があるのかを俯瞰できるとよい城ができるかもしれません。

部屋には8タイプあります。
1.にぎやかな部屋 12枚 (表中略【に】)
2.ダイニングルーム 9枚 (表中略【ダ】)
3.廊下 18枚 (表中略【廊】)
4.寝室 8枚 (表中略【寝】)
5.庭付きの部屋 11枚 (表中略【庭】)
6.家事室 9枚 (表中略【家】)
7.リビングルーム 14枚 (表中略【リ】)
8.地下室 10枚 (表中略【地】)

1.にぎやかな部屋
にぎやか1













名前広さ形建設B配置B出入り口数
謁見室6007(-2)ダ地家廊リ寝3
歌手の間6007(-2)ダ地家廊リ寝2
劇場500丸6(-2)家廊リ寝3
会議場500丸6(-2)ダ地リ寝3
列車の間350□5(-1)廊地リ寝3
九柱戯の間350□5(-1)ダ家リ寝3
ビリヤードの間250□4(-1)ダリ寝3
縫い物部屋250□4(-1)家リ寝3
礼拝室250□4(-1)地リ寝3
フルートの間150丸3(-1)リ寝3
ペルヒタ神の間150丸3(-1)リ寝3
音楽室150丸3(-1)リ寝3

にぎやかな部屋は全部で12枚あります。
①基本的な性質として、建設ボーナス<タイルの左上あたりにある城と数字のアイコン>が大きい。
(部屋を置いた時のボーナス。完成したかどうかは問わない)

②配置ボーナスが<隣接条件でも>マイナスポイントで発生する。
部屋の配置は基本的に一つの出入り口につなげるように配置しますが、
その時に、他の場所が壁にくっついてしまうこともあります。
くっついてしまう→隣接状態です。(また、部屋同士が、地上と地下の関係でも隣接です)

アイコンでは、赤い壁と部屋のタイプで隣接ボーナス(マイナスなのでペナルティですね)が示されています。
赤い壁はにぎやかな部屋の共通の特徴です。

にぎやかな部屋のペナルティには、当然のことながらにぎやかな部屋は含まれないので
にぎやかな部屋同士で固めておくのも一つの戦法です。

ちなみに、完成ボーナス(出入り口が、きっちり全部つながる)は5勝利点とあなどれません。



2.ダイニングルーム
ダイニングルーム1










名前広さ形建設B配置B出入り口数
食堂350L1(3)リ2
食器洗い場350L1(3)家2
厨房350L1(3)ダ2
食肉保管庫200□1(3)庭2
控えの間200□1(3)寝2
調理準備室200□1(3)に2
食料貯蔵室100□2(0)2
食料庫100□2(0)2
ワインセラー100□2(0)2

ダイニングルームは全部で9枚あります。
①基本的な性質として、建設ボーナス<タイルの左上あたりにある城と数字のアイコン>は低く
②配置ボーナスが高い(3ポイント)
基本的に隣接ボーナスはなく、出入り口でつながるタイプのみです。
(というか、隣接ペナルティは、にぎやかな部屋だけです)

ダイニングルームは出入り口が最大でも2つですので、配置ボーナスの最高点は6点です。

ちなみに、ダイニングルームの完成ボーナスは、もう1手番増える効果で、これがこのゲームのコンボらしい瞬間です。
なお、ダイニングルームを連続で完成させれば、手番追加効果は連続します。
同時にダイニングルームを2部屋完成させた場合どうなるかは、マニュアルになかった気がしますが、「2手番増える」でよいのではないでしょうか?



3.廊下
ろうか1







名前広さ形建設B配置B出入り口数
大広間350□1(1)ダ11
上部回廊350□1(1)家11
廊下150□0(0)14
地下廊下150□0(0)14
階段75□0(0)2
ロビー1250(0)3


廊下は3000マルクのところに置かれている9枚と階段6枚
350㎡の2枚
最初に配られるロビー1枚の計18枚です。

①廊下は出入り口がたくさん。
そのため、他の部屋の出入り口をつなげて完成させるときに重宝します。

②350㎡の大広間と上部回廊は建設ボーナス1点と配置ボーナスが1点あります。

完成ボーナスは無料で廊下か、階段を受け取り、そのターン内で、配置することができます。
廊下も部屋とみなしますが、いくつかのボーナスには制限があるので要確認です。
※たとえば、「すべてのタイプの部屋があるなら」ボーナスは、350㎡の廊下でないと条件を満たしません。

4.寝室
寝室1









名前広さ形建設B配置B出入り口数
大寝室400□4(2)廊2
使用人室400□4(2)廊2
女王の寝室300L3(2)寝2
客用寝室300L3(2)ダ2
詩人タッソーの部屋300L3(2)リ2
仮眠室200□2(2)リ2
更衣室200□2(2)ダ2
屋根裏200□2(2)庭2


寝室は全部で8枚あります。

①建設ボーナスは100㎡あたり1点です。400→4、300→3、200→2
②配置ボーナスは共通して、2ポイントです。
③出入口も共通して2ポイントです。
寝室の作りは、なにか共通しているのだろうか?ドイツ式とか。

ちなみに、寝室の完成ボーナスは、少し変わっていて
「一つの部屋の山を全部見て、0から2個、選んで部屋カードの山に乗せるという効果です。
残りの部屋はシャッフルして元に戻す。

部屋の補充はランダムな部屋カードで基本は選ばれますが、「山に乗せた部屋」は優先的に場に供給されます。
→欲しいタイプの部屋を、優先して出すことができるというわけです。

次のターンが、自分が、一番手の子の時になど「寝室の完成ボーナス」を狙ってみると、いいかもしれません。

5.庭つきの部屋
庭付きの部屋1












名前広さ形建設B配置B出入り口数
厩舎6005(1)に4
テラス式庭園6005(1)庭4
温室500丸4(1)リ2
フンディングの小屋500丸4(1)庭2
馬車小屋450□3(1)ダ2
幾何学式庭園450□3(1)リ3
見晴らし台400□2(1)に3
カボチャ園400□2(1)庭3
ポーチ250□1(1)寝2
倉庫250□1(1)家2
ゲートハウス250□1(1)庭2


庭つきの部屋は全部で11枚あります。

①建設ボーナスは5点の大きい庭から1点の小さい庭まであります。
②配置ボーナスは共通して、1ポイントです。

庭つきの部屋の完成ボーナスは、銀行から10000マルク得ることができます。
お金がとても重要なこのゲームには欠かせない部屋です。

制限は鉄柵に他の部屋を隣接させないことです。
たしかに、外の景色が壁だったらたいそう興ざめですよね。それが城だったらなおさらです。

6.家事室
工房1










名前広さ形建設B配置B出入り口数
洗濯室300L3(0)1
サウナ室300L3(0)1
避難場所300L3(0)1
家事室200□2(0)1
洗面室200□2(0)1
埃の部屋200□2(0)1
化粧室100□1(0)1
外套室100□1(0)1
清掃具置き場100□1(0)1

家事室は全部で9枚あります。

①建設ボーナスは100㎡あたり1点です。300→3、200→2、100→1
②配置ボーナスはありません。
③出入口は共通して1つです。

出入口は1つなので、家事室は、配置と同時に完成します。

完成ボーナスはボーナスカードを2枚引き、1枚選んで取得、もう一枚は山の底に戻します。
このボーナスカードの勝利点は、結構大きいので完成させる価値は高いです。
王の歓心とボーナスカードの内容が重複する場合には、効率的なポイント取得作戦が立てられます。


7.リビングルーム
リビング1















名前広さ形建設B配置B出入り口数
玉座の間6001(4)寝4
玄関ホール6001(4)ダ4
西のゴブラン織の間450□2(3)に庭4
客間450□2(3)に家4
東のゴブラン織の間400□3(2)に庭4
天体観測室400□3(2)リに4
サロン350□3(2)に4
鏡の間350□3(2)廊4
パーラー350丸4(1)に4
居室350丸4(1)庭4
書斎350丸4(1)リ4
瞑想室100□5(0)4
桃色の小部屋100□5(0)4
紫色の小部屋100□5(0)4


リビングルームは全部で14枚あります。

①建設ボーナスは広い部屋ほど小さい傾向です。
②配置ボーナスは逆の傾向になっています。
③出入口は共通して4つです。

完成ボーナスは、建設ボーナスと、配置ボーナスをもう一度受け取るというものです。
例えば、玉座の間(お城っぽいですね)の建設ボーナスは1点、配置ボーナスは寝室4点です。
仮に、玉座の間の周りをすべて寝室でつなげた場合、1+(4×4)で17点、入ることになります。

8.地下室
地下室1











名前広さ形建設B配置B出入り口数
隠れ家500丸1(2)家2
ヴェーヌスの洞窟500丸1(1)廊2
地下牢450□1(2)地2
武器庫450□1(2)に2
地下納骨所250□2(1)リ2
騎士の間250□2(2)寝2
カビの間250□2(2)ダ2
キノコの間150丸3(1)ダ2
どん底150丸3(1)寝1
底なし穴150丸3(1)庭1

地下室は全部で10枚あります。

①建設ボーナスは広い部屋ほど小さい傾向です。
②配置ボーナスは特殊で、建設した際にすでにある部屋の数に応じてボーナスが変わります。
③出入口はおおむね2つですが、どん底と底なし穴は1つです。名前的にそんな印象はありますが、、、

完成ボーナスも特殊で、地下室2部屋完成ごとに、好きな完成ボーナスを選ぶといったものです。
状況に応じて、選択できるのはよいことですが、2部屋完成させなくてはいけないハンデもあります。



ゲーム中で、親は部屋の価格を自由に決めれますので、例えば子が高い配置ボーナスを得られそうな城を作っている場合は
親と子の所持金に応じた、部屋の価格設定をしてくることは容易に想像できます。
子の立場で考えると、選択肢がすくないほど、親に足元を見られやすくなりますので、常に複数の選択肢をもっている状態でたたかうというのも戦略の一つとなります。序盤は広めの部屋で出入口が複数もっているのもよさそうです。
デメリットとしては部屋の完成が遅くなりがちになるので、ゲームの流れを見ながらバランスよく進める必要があります。

また、家事室で得られるボーナスカードは秘匿情報ですので、うまくはまれば大量得点もねらえますが、そちらに重きを置きすぎるとむだにお金をつかってしまったりします。

最後にお城の部屋は、いろいろ話のネタが膨らませられそうなものも入っていますので、建設しながらもしくは、完成したお城を見ながら品評会などやってみても楽しいかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

マサ兄

Author:マサ兄
ドイツの盤上遊戯(ボードゲーム)を楽しむ主に社会人から構成される会。

line
最新記事
line
最新コメント
line
カテゴリ
line
月別アーカイブ
line
フリーエリア
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。